試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

宅建試験対策ステップ2 “日常の学習の仕方”

一般的には、テキストを読んで、その後に問題を行うと思うのですが、レトスの通信講座で教えれらた勉強法では、いきなり過去問から行いました。

もちろん、解けないのですが、初めは「解く」のではなく、「読む」んです。読んで覚えていくんです。
具体的には、過去問の問題(選択肢)を読んで、すぐに解答を読みます。

そして、覚えることは、解説だけでなく、問題文も覚えます!
そうすることで、出題のされ方を覚えるとともに、それに対する論点を覚えられます。

つまり、一石二鳥の学習の仕方です。
そのため、実力が短期間でつきました!

意外と思いますが、非常に効果的でしたので、試してみてください!

日常学習での最重要ポイント!

そして、レトスの通信講座では、日常の勉強で重要視していたことがあります。

それが、●●●です。

もし、独学でこの●●●を無視した勉強をしたと思うと、恐らく4ヶ月で合格できなかったと思います。

これについては、通信講座の核の一つだと思いますので、お伝えはできませんが、まずは、過去問を読んで、覚えていってください!

これだけでも、実力は大幅に上がります!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ

<宅建試験対策4ステップ>