試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

随伴性

随伴性とは

被担保債権が債権譲渡などで移転すると、それに伴い担保物権も移転する性質を言います。

例えば、AがBに100万円を貸したとします。

   100万円
 A――――→B
貸金債権

このことで、Aは「Bに対する貸金債権」を有します。

ここで、Aとしては、100万円が返ってこないと困るため、B所有の土地に抵当権を設定してもらいました。

 A――――→B
  \抵当権
    B所有土地

そして、Aが「Bに対する貸金債権」をCに譲渡すると、この貸金債権と一緒に抵当権もCに移転します。

これが随伴性です。

   100万円
 A――――→B
 |貸金債権
 ↓
 C:新抵当権者

これによって、Cが抵当権を実行することができるようになります。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ