試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

借地上建物の賃借人

借地上建物の賃借人とは?

まず、借地上建物とは何かを説明します。

Aは、甲土地を所有していて、甲土地を、Bに建物を所有目的で賃借したとします。
この場合、Aは「借地権設定者」、Bは「借地権者」と言います。

そして、Bは甲土地(借地)に乙建物を建築しました。もちろん、乙建物の所有者はBです!
ちなみに、甲土地の所有者はAですよ!

つまり、乙建物が、「借地上建物」というわけです。

そして、Bが乙建物をCに賃借した場合、Cが借地上建物の賃借人となります。

            賃借
乙建物(所有者B)―――→C(借地上建物の賃借人
 |
甲土地(借地権者B)
 |
甲土地(所有者A)

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ