試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

確定期限と不確定期限

確定期限とは、到来する期日の確定している期限のことを言います。

例えば、「7月15日に土地の売買契約をした売買代金を払う」といった内容の場合、
7月15日という期日(確定期日)が決まっています。

一方、
不確定期限は、到来することは確実だが、いつ到来するか期日の確定していない期限のことを言います。

例えば、「私が死んだら、私の所有する甲土地をあげよう」といった内容の場合、
確定期限の場合とは異なり、「私が死ぬ」のがいつなのかは現状では不確定です。
だから、不確定期限と言います。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ