試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

履行遅滞

履行遅滞とは、約束の期限に間に合わなかったことを意味します。

例えば、「7月15日に土地の代金を払う」と約束した場合、7月15日が過ぎても代金払わないと、履行遅滞になります。

履行遅滞の起算点

宅建試験では、下記の履行遅滞にいつからなるのか?という履行遅滞の起算点が出題されます。
非常に覚えにくいですが、必ず覚えましょう!

約束の仕方 履行遅滞となる時期
確定期限のある債務 期限が到来した時から
不確定期限のある債務 期限が到来し、債務者がそれを知った時から
期限の定めのない債務 債権者が履行請求した時から
※期限の定めのない消費貸借(お金の貸し借り) 貸したお金を返還するよう相当期間を定めて催告した後、相当期間が経過した時
停止条件付債務 条件が成就して、債権者が履行請求した時から
不法行為に基づく損害賠償債務 不法行為を行った時から

苦手な方が多いですが、債務不履行の履行遅滞の問題では基本事項となります!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら