試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

帰属する

宅建では、「法律効果が本人に帰属する」というような使い方をするのですが、

例えば、代理人が本人Aの土地を売却したとします。
そうすると、土地を売却したということは「土地を引き渡す義務」と「代金をもらう権利」が発生しますが、
この2つが、本人に属することとなります。

これが帰属するということです。
「債権債務が本人のものになる」といったイメージです!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ(基本用語)