試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

繰越控除(損失の繰越控除)

繰越控除(損失の繰越控除)とは、
その年に生じた損失の金額を翌年以後(3年間)の所得金額の計算上、控除する(差し引く)ことをいいます。

例えば、今年200万円の損失が発生し、翌年、300万円の所得があった場合、前年の200万円の赤字分を、翌年の300万円から差し引く(控除する)ことができ、100万年の所得として、所得税を計算することができます。

損失の繰越控除は、「マイホームを買換えた場合に譲渡損失が生じたとき(マイホームを買換えた場合)の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」が宅建の試験では出題されますが、マイホームを5000万円で購入して、3000万円で売却すれば、2000万円の譲渡損失ですね。この2000万円については、翌年以後の所得金額から差し引く(マイナスする)ことができるというのが、この内容です。
買換えと書いてありますが、買換え特例ではないので注意してください!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ