試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

二重供託

「金銭+有価証券」または「有価証券のみ」で供託している宅建業者が、「本店移転」により、「本店最寄りの供託所」が変更する、二重供託が必要です。

たとえば、本店が大阪府で、 大阪府の法務局(供託所)に営業保証金を、有価証券で供託していて、

本店を東京都に移す場合、供託所は、東京法務局になります。

この場合、まず、東京法務局に営業保証金を供託します

この状況では、大阪府の法務局東京の法務局の2つに(二重に)供託している状況です。

これ「二重供託」です。

上記、二重供託したら、移転前に供託していた大阪府の法務局から
営業保証金を取り戻すことができます。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ