試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、不動産の価格を評価(鑑定評価)する専門家であり、国家資格の一つです。全国にも1万人弱ほどしかおらず、試験自体も相当難しい試験となっています。受験者数は1500人ほどで、合格者も毎年100人ほどです。合格率自体はめちゃめちゃ低いわけではないですが、そもそも試験自体が難しいので、受験する人もレベルも相当高い方が多いです。その中でトップ100人に入るのはなかなか難しいですね!

宅建士が全国で100万人弱もいることから考えると、宅建士試験がいかに簡単かが伺えますね。

それでも、毎年20万人ほどが受験して、合格率が15%なので、85%=17万人の方が落ちているわけです。

それはなぜか?

宅建試験自体が難しいのではなく、
「市販のテキストや問題集」また、「予備校から支給される教材や講義の内容」が理解しにくいというのも原因の一つです。
その結果、受験生はテキストや過去問の丸暗記・詰め込みなってしまい、結果として実力が上がらないまま試験を迎えています。
丸暗記学習や詰め込み学習といった「質の低い勉強」をしていても、覚えて忘れての繰り返しで、何年勉強しても合格できません。

そうならないために理解学習といった「質の高い勉強」をするわけです!

実際、弊社の受講生で中卒で元とび職の方は3か月で一発合格を達成していますし、
その前年には4か月で一発合格した方もいます!

毎日終電で帰宅といった忙しい会社員の方
も、シングルマザーで家事と育児とダブルワークという忙しい方も合格しています!

「勉強量」よりも「勉強の質」に焦点を当てて勉強をしましょう!

そうすれば合格できます!

でも、宅建の教材で、質の高い教材がないのも事実です。

これは市販も予備校も残念ながら同じです。。。

もちろん、司法試験などの教材や、その法律に特化した本であれば質の高い勉強ができます。

しかし、調べるのに時間がかかるため非効率、、、、

そんな方のために、独学合格プログラム個別指導があります!

実際、3年連続で合格率70%超の実績を出しているので、効果は実証済みです!

次こそ、宅建合格を果たして一緒に喜びましょう♪

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ