試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

自然公園法のポイント

自然公園法とは、日本のすぐれた自然の風景地を保護することを目的とした法律です。

国立公園と国定公園

国立公園も国定公園も環境大臣が指定するのですが、大きな違いは管理者です。 「国立公園」は「国」が管理・保護している
「国定公園」は「都道府県」が管理・保護しています。

いずれも、特別地域(特別保護地区も含む)と普通地域があるのですが
「特別地域」で一定行為をする場合は「許可」が必要で、
「普通地域」で一定行為をする場合は「届出」が必要となります。

それぞれの許可権者は下記の通りで、宅建試験ではこの内容が出題されます!

特別地域 普通地域
国立公園 環境大臣
国定公園 都道府県知事

一定行為(制限される行為)とは、「木の伐採」「土石・砂を採取」「土地の形質の変更」「工作物の新設・改築」等があります。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら