試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

表題登記/表示登記

表題登記/表示登記とは?

建物を新築すると、登記をするのですが、始めて登記する際、登記記録の「表題部」というところに、物理的状況(所在・種類・構造・床面積および所有者の住所・氏名)を登録(登記)します。
これが、表題登記(表示登記)と言います。
原則、新築後、1か月以内に届け出る必要があります。
建物表題登記は1ヶ月以内に登記しないと過料10万円が課せられます。

表題部所有者

そして、上記のとおり、表題部に所有者は登記をします。この時の所有者が表題部所有者です。簡単にいえば、建物のオーナーです。
その後、表題部所有者は、きちんと権利(所有権)の登記を行います。これを保存登記と言います。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ