試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

大規模建築物

大規模建築物とは

木造の場合

下記いずれかを満たす木造建物は大規模建築物となる。

  1. 高さが13mを超える
  2. 軒高が9mを超える
  3. 階数が3以上
  4. 延べ面積500平方メートルを超える

例えば、高さ14mの2階建ての木造建物は、1を満たすので、大規模建築物です。

木造以外の場合

下記いずれかを満たす木造以外の建物(鉄筋コンクリート造、鉄骨造など)は大規模建築物となる。

  1. 階数が2以上
  2. 延べ面積200平方メートルを超える

例えば鉄骨造の延べ面積100㎡の2階建ての建物は1を満たすので大規模建築物です。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ