試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

計画道路

計画道路とは

今現状の道路が狭くて、街全体が住みずらいなどをを理由に、道路を広げたりします。
その際、都市計画によって定められる新たに道路をつくる計画を立てるのですが、この道路が計画道路です。

計画道路には2種類あります。

  1. まだ、計画の段階であり、具体的にいつごろ事業に着手するか決まっていないもの
    (重要事項の説明書では「計画決定」と記載されます)
  2. 既に事業に着手しているもの、着手することが決まったもの
    (重要事項の説明書では「事業決定」と記載されます)
試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ