試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

心裡留保(しんりゅうほ)

心裡留保(読み方:しんりりゅうほ)とは「冗談」で契約してしまったことを言います。

もし、あなたが、冗談(心裡留保)で契約してしまった場合、
「あなたが冗談で言っていること」を、相手方が過失なく知らなかった(善意無過失)場合は、有効に契約が成立してしまいます。

一方、「あなたが冗談で言っていること」を、
相手方が過失があって知らなかった(善意有過失)場合
知っていた(悪意)場合は、契約は無効となります。

心裡留保
相手方が「善意無過失」 契約は有効
相手方が
「善意有過失」もしくは「悪意」
契約は無効

上記2点は宅建試験では頻出です!
必ず覚えましょう!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ