試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

都市施設

都市施設とは?

都市に必要な施設のことです。

都市って、たくさんの人が集まって暮らしていて、商工業など各種産業の経済活動も盛んなエリアをイメージしますよね!

そこに必要な施設ってどんな物がありますか?

  1. 交通施設(道路、鉄道、駐車場など)
  2. 公共空地(公園、緑地など)
  3. 供給・処理施設(上水道、下水道、ごみ焼却場など)
  4. 水路(河川、運河など)
  5. 教育文化施設(学校、図書館、研究施設など)
  6. 医療・社会福祉施設(病院、保育所など)
  7. 市場、と畜場、火葬場
  8. 一団地の住宅施設(団地など)
  9. 一団地の官公庁施設
  10. 流通業務団地
  11. 電気通信施設、防風・防火・防水・防雪・防砂・防潮施設

こんなものです!
都市計画区域については、都市計画で必要なものを上記の中から選んで作るんです!

宅建試験で重要なポイントをいうと、都市施設は、必要がある場合は、都市計画区域外においても定める(作る)ことができるっという部分です!

さらに重要なポイントは

市街化区域
および
非線引都市計画区域
少なくとも「道路」、「公園」、「下水道」を定めなければならない
住居系用途地域 義務教育施設も定めなければならない

住居系用途地域とは、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域を言います。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ