試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

高度地区

高度地区とは

建築物の高さ上限や下限を都市計画法で定める区域です。

住居専用地域など良好な住環境を維持する場合は、建築物を指定した高さ以上にしてはならない最高限度を定めます。
例えば、住宅街などで定められます。

一方、土地の高度利用(高い建物を建て、空中の空間利用)を図りたい場合は、建築物を指定した高さ以上にしなければならない最低限度を定めます。
例えば、主要なターミナル駅の周辺や主要な幹線通り沿いなどで定めます。

重要なポイントは、「高度地区」建築物の高さを定める区域だという部分です!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ