試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

分筆(ぶんぴつ)

分筆とは

まず、土地は「一筆(ひとふで・いっぴつ)」「二筆(ふたふで・にひつ)」と数えます。
そして、一筆の土地を複数(数筆)の土地にわけることを「分筆」と言います。

分筆:分かりやすい宅建試験対策

逆に、複数(数筆)の土地を合わせることを「合筆(ごうひつ)」といいます。

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ