試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

地上権

地上権とは

他人の土地で、建物や竹木を所有するために、その土地を使用する権利をいいます。
他人の土地を借りるのですが、この地上権は、土地の賃貸借契約よりも強い権利になります。

例えば、土地の賃貸借契約(土地の賃借権)では、地主の承諾なく、勝手に転貸することはできません
しかし、地上権は、地主の承諾なく、勝手に転貸することができます

細かいことをいうと、
地上権は「物権」で、土地の賃借権は「債権」であることから、上記のような違いが生まれるのですが、宅建試験では、ここまでは問われないので、上記の部分だけ覚えてください。

ちなみに、借地権とは「地上権」と「土地の賃借権」の2つを指すことは覚えた方がいいですね!

試験に出そうな過去問を1日3問無料で解説!これを使って宅建合格!1日3問無料解説はこちら

関連ページ